CSR

CSR 活動報告

  • [  2014.11.23  ] スポーツ振興活動
  • 11月22日(土)スーパースポーツゼビオpresentsV・明日夢プロジェクトバレーボール教室in岩手県【第1回目】
  • 14年11月V岩手6★
  • 【概要】

    ■日時 :2014年11月22日(土)17:30~20:00

    ■会場 :岩手県盛岡市・岩手県営体育館

    ■対象 :岩手県内の小学生65名

    ■講師 :向井 久子氏(元東レアローズ)

        内田 暁子氏(元NECレッドロケッツ)


    昨シーズンに引き続き、「スーパースポーツゼビオ presents V・明日夢プロジェクトバレーボール教室」を開催することとなりました。今年も、プレミアリーグの開催体育館全国10会場で、バレーボール教室をVリーグとともに開催致します。1人でも多くの子供たちにバレーボールの楽しさを伝えるとともに、この教室から未来のVリーグ選手が出てきてくれるよう実施いたします。


    今シーズンの第1回目となった11月22日の「スーパースポーツゼビオ presents V・明日夢プロジェクトバレーボール教室in 盛岡」の様子をご報告します。


    今回の講師は、元東レアローズの向井久子さん、昨シーズンまで、NECレッドロケッツのキャプテンを務め、現在はビーチバレー選手としても活躍する内田暁子さんでした。


    2014/15V・プレミアリーグ女子盛岡大会を翌日に控えたメインコートで、未来のVリーグ選手たちが躍動しました。

    この日はスーパースポーツゼビオ盛岡盛南店からスポーツナビゲーターが3人参加し、「正しいシューズ選びの重要性」や「サプリメントって何?飲むとどんな効果があるの?」といった、パフォーマンスの向上に役立つお話をさせて頂きました。また、バレーボール教室の中で、足型測定やシューズの試し履きなどの実演を、今回のバレーボール教室に参加した全員に実施いたしました。


    バレーボール教室のはじまり。開校式に引き続いて、まずはウォームアップから。ウォームアップは様々な動物の動きを取り入れた、“動物モノマネ運動”からスタート。身体の色々な場所をほぐすとともに身体をあたため、運動のできる身体をつくります。パスの練習に引き続いて、強打レシーブの練習。プレミアリーグで活躍した講師の強打をレシーブを通じて体感しました。そして、パスに引き続いてスパイクの練習。スパイクの基礎は高くジャンプすること。床の反発を利用して、高くジャンプする感覚を体験するとともに、高く飛んでボールをたたく感覚を教えてもらいました。また、ゲームを待つ選手たちは、ゼビオブースにて足型の測定とシューズとインソールの試し履きを行いました。

    岩手県の皆さんは本当に元気で、また、バレーボールを本当に楽しんでいることが伝わってきました。この「バレーボールが楽しい」という気持ちを持ち続けて、これからも練習を続けてほしいと思います。岩手県のみんなとの出会いに感謝するとともに、この中から1人でも多くのVリーグ選手が出てきてくれることを期待しています。


    次回の「スーパースポーツゼビオ presents V・明日夢プロジェクトバレーボール教室」は1月9日(金)に岡山県岡山市の岡山県総合グラウンド体育館で開催します。


    <講師からみんなへ>


    バレーボール大好きなみなさんと一緒に練習したり 試合をしたりできて、本当に楽しかったです!

    3月に岩手に移住してきたので知っている顔もちらほらで、 今後の成長、上達を心から楽しみにしています!

    ありがとうございました。

    向井 久子氏


    みんながうまくなろうと取り組んでくれて、私もとても楽しかったです!

    これからも練習を積んでバレーボールを楽しんで下さい!

    応援しています。

    内田 暁子氏