CSR

CSR 活動報告

  • [  2011.10.31  ] スポーツ振興活動
  • 「子ども達に笑顔を!」宮城県女川町でバレーボール教室開催
  • 2011年10月31日、公益財団法人日本バレーボール協会による「こころはひとつバレーボール教室」第二弾(第一弾:2011年6月6日気仙沼市)が宮城県女川町で行われました。バレーボールを通じて被災地の子ども達が笑顔と元気を取り戻せる機会を提供することを目的として女川第二小学校にて開催されました。女川第二小学校には、女川第一小学校、女川第四小学校の2校の合計360名が通っています。

    今回は、授業講師として、元全日本代表選手として活躍された大山加奈さん、V・チャレンジリーグに所属する仙台ベルフィーユの選手6名をむかえ、「運動の授業」として5・6年生に参加頂きました。仙台ベルフィーユからは、当社のスーパースポーツゼビオ仙台泉中央店で勤務する高橋選手、上村選手、雨堤選手、大須賀選手の4名も参加いたしました。天候はあいにくの雨模様でしたが、参加者全員がそれを吹き飛ばすほど元気にプレーをしました。目の前でプロ選手のスピードやパワーを体感した子ども達は、驚きの声を上げていました。

    授業終了後、参加頂いた子ども達にバレーボール30個(協力:株式会社ミカサ)をプレゼントさせていただきました。ゼビオグループは、これからも被災地区も子ども達に笑顔を届けられるよう、スポーツを通じた支援活動を続けて参ります。


    大山加奈さん、仙台ベルフィーユの皆さん


    みんなでレシーブ!!!!


    大山加奈さんのレシーブです!みんなしっかり見ています


    大須賀選手が相手になります


     

    普段はスーパースポーツゼビオ仙台泉中央店で勤務し子ども達に接しています