CSR

CSR 活動報告

  • [  2011.9.4  ] 社会との取り組み
  • 第4回日本プロサッカー選手会主催「ふれあいサッカーキャラバン」にてサッカーボール・ウェアを提供
  • 2011年9月4日、大船渡市立立根小学校、大船渡小学校にて、日本プロサッカー選手会主催による災害復興支援活動『ふれあいサッカーキャラバン「サッカーの力で日本を元気に!」』第4回目が開催され、当社スタッフも活動に参加致しました。教室には、大船渡三陸FCシーガル」と「FCサンアルタス大船渡」の地元スポーツ少年団の子ども達が参加しました。会場となった地区は、震災時の被害も大きな地区で、今回参加した子ども達は震災の影響により練習場所も制限された中で練習をしていたそうです。そのような子ども達が選手と一緒にサッカーをする姿からサッカーに対する熱い思いが伝わってきました。

    当社からは、東北地域へのサッカーボール配布支援として、20個のボールとTシャツ200枚を寄付しました。また、暑い中でプレイする子供達へスポーツドリンクの提供をさせて頂きました。ゼビオグループは、これからも子供達に笑顔を届けられるよう、スポーツを通じた支援活動を続けてまいります。


    参加選手:浦和レッズ4名鈴木啓太選手、加藤順大選手、野田紘史選手、小島秀仁選手、平野孝氏(日本プロサッカー選手会 執行役員) 5名


    みんなで手を繋いで「だるまさんが転んだ!」


    Tシャツ、ボール、サイン等が選手から手渡されました!