CSR

CSR 活動報告

  • [  2017.12.1  ] 社会との取り組み
  • 11月12日(日)児童養護施設の子ども達の支援プロジェクト(スーパースポーツゼビオメガステージ白河店)
  • 11月12日(日)「オリンピック選手と走ろう!靴プロジェクト(主催:NPO法人BLUE FOR JAPAN)」がスーパースポーツゼビオメガステージ白河店にて開催されました。

    本プロジェクトは、靴を単にプレゼントするのではなく、決められた予算内で、子ども達自身が商品を選び、レジで購入するという一連の流れを、「社会経験」として体験頂く事が目的にあり、当社でも協力をさせて頂きました。当日は40名もの沢山の子ども達にご来店頂き、スポーツナビゲーターが靴選びのサポートをさせて頂きました。

    当日は、アテネオリンピックの陸上4×400mリレー代表の伊藤友広さんもご来店され、一緒に靴選びをしたのち、新しい靴を履いて「走り方教室」が開催されました。五輪代表選手から道具を大切にすることなども伝えられ、子ども達にとって笑顔溢れる1日となりました。

     

    【「オリンピック選手と走ろう!靴プロジェクト」概要】

    主 催 NPO法人BLUE FOR JAPAN   協 賛 ゼビオ株式会社

    日 時 2017年11月12日(日)

    場 所 スーパースポーツゼビオメガステージ白河店

    対 象 児童養護施設白河学園の子ども達 計40名

    講 師 アテネオリンピック陸上4×400mリレー代表 伊藤友広さん