IR情報

情報開示方針

情報開示の基本姿勢

ゼビオホールディングス株式会社(以下「当社という」)は、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆様から正しい理解と信頼を得るため、正確な企業情報を適時かつ速やかにお伝えすることを基本方針としております。

情報開示基準

当社は、金融商品取引法等、その他の関連法令および東京証券取引所の定める「適時開示規則」に従い、透明性、公平性、継続性を基本とした迅速な情報開示を行います。また、「適時開示規則」に準拠しない情報につきましても、ステークホルダーの皆様に当社をご理解いただくために必要または有用と思われる場合は、適時かつ積極的な情報開示に努めます。株式会社(以下「当社という」)は、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆様から正しい理解と信頼を得るため、正確な企業情報を適時かつ速やかにお伝えすることを基本方針としております。

情報開示方法

適時開示規則が定める重要事実に該当する情報の開示は、同規則に従い東京証券取引所への事前説明後、同取引所の提供する適時開示情報伝達システム(以下「TDnetという」)を通じて公開しています。同時に、報道機関に同一情報を提供し、当社ウェブサイト上にも遅滞なく同一資料を掲載いたします。また、会社法関係諸法令および適時開示規則に該当しない情報についても、適時開示の趣旨を踏まえた適切な方法により、当該情報が正確かつ公平にステークホルダーの皆様に伝達されるよう配慮しております。

情報開示資料

制度的開示資料:決算短信、決算公告、有価証券報告書、四半期報告書
自主的開示資料:決算説明資料、事業報告書、プレスリリース、月次売上高情報

将来の見通しに関して

当社では、東京証券取引所に提出する収益予想に加えて、株主・投資家や証券アナリストの皆様に対し、業績見通しに関する情報を提供する場合があります。また、当社の発行する書面、資料、ウェブサイト掲載内容、決算説明会やアナリストミーティング等における質疑応答時には、計画、見通し、戦略などが含まれる場合があります。それらの情報は、作成時点で入手可能な情報に基づいたもので、当社の業績、企業価値等の検討については、全面的に依拠されることは控えて頂けるようお願い致します。実際の業績は、様々な不確定要素が内在しておりますので、これら見通しと異なる場合があることをご承知おきください。

本ウェブサイトの位置づけ

本ウェブサイトは、インターネット上で当社に関する情報を閲覧されたい方々を対象に、その便を供するために開設しております。適時、公平な情報開示のために、情報の公開後できるだけ速やかに当該情報を本ウェブサイトに掲載しておりますが、情報通信技術上の障害等により、遅滞する可能性もあるため、本ウェブサイトにおける情報開示は、あくまで補助的なものとして位置づけております。本ウェブサイトの閲覧にあたりましては、これらを十分にご理解頂いた上でのご利用をお願い致します。

沈黙期間について

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、各四半期の決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間とさせていただいております。この期間は、決算に関連するコメント、ご質問に関する回答は差し控えさせていただきます。ただし、すでに公表されている情報に関する問い合わせについては、この限りではありません。尚、沈黙期間中に業績予想が大きく外れる見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従い、適宜公表することとしております。

その他

本ウェブサイト上での当社情報の閲覧にあたりましては、本ディスクロージャーポリシーのみではなく、別途掲載しております免責事項も併せてご参照下さい。

ディスクロージャー