企業情報

ゼビオヒストリー(沿革)

1973年 7月 紳士服販売を目的として、福島県いわき市に株式会社サンスーツを設立。表挿絵
1979年 8月 株式会社サンキョウに商号を変更し、本店を福島県郡山市に移転。
1979年 11月 福島市の旧長崎屋ビルにファッション&スポーツをテーマとした当社初の大型店を出店。
1983年 11月 郊外型スポーツ店の「トップスポーツ並木店」を郡山市に出店。
1984年 10月 郊外型メンズ店の「サンキョウ安積店」を郡山市に出店。
1985年 11月 郊外型カジュアル単独店の「メンズキャパ桑野店」を郡山市に出店。表挿絵
1987年 11月 ゼビオ株式会社へ商号を変更。
1988年 4月 社団法人日本証券業協会東京地区協会に店頭登録。福島県郡山市朝日三丁目7番35号に新本社屋を竣工。
1990年 5月 福島県郡山市朝日三丁目7番35号に新本社屋を竣工し、同所に本店を移転。
1990年 5月 東京証券取引所市場第二部に上場。
1990年 7月 当社初の郊外型ゴルフ専門店「ゼビオスポーツ勝田店」を茨城県勝田市(現・ひたちなか市)に出店。
1991年 4月 株式会社磐梯リゾートホテル(現・清稜山株式会社)の株式を100%取得、子会社化。
1992年 10月

本宮物流センター竣工。

1992年 12月

郊外型大型複合店「スーパースポーツゼビオ仙台泉中央店(1フロア1,000坪)を宮城県仙台市に出店。

1995年 9月 東京証券取引所市場第一部に指定替。
1996年 6月 英国の製造小売りチェーン「ネクスト社」と業務提携契約を締結。
1999年 11月

国内最大級の売場面積(約2,500坪)を持ち自然をテーマにした「スーパースポーツゼビオドーム札幌月寒店」を北海道札幌市に出店。

2002年 3月 ゼビー業態を廃止し、スポーツ業態へ統合。
2004年 7月 ゼビオビジネスサービス株式会社を設立(現・ゼビオコーポレート株式会社)
2005年 4月 株式会社ヴィクトリアの株式を100%取得、子会社化。表挿絵
2005年 8月 ゼビオインシュアランスサービス株式会社を設立。
2006年 6月

ゼビオカード株式会社を設立。

2008年 7月 ゼビオナビゲーターズネットワーク株式会社を設立。
2008年 10月 株式会社ゴルフパートナーの株式を公開買付けにより取得し、子会社化。
2009年 4月 株式会社ゴルフパートナーを簡易株式交換により完全子会社化。
2010年 6月

日本最大級の体験型スポーツモール「スーパースポーツゼビオドームつくば学園東大通り店」を茨城県土浦市に出店。

表挿絵

2011年 5月 クロススポーツマーケティング株式会社を設立。
2012年 2月 中華人民共和国上海市に賽標(中国)体育用品有限公司を設立。
2012年 4月 大韓民国ソウル市に株式会社ゼビオコリアを設立。
2012年 6月

海外第1号店「スーパースポーツゼビオ上海浦東店」を中華人民共和国上海市に出店。

2013年 3月 海外2号店「スーパースポーツゼビオソウルウルチロ店」を大韓民国ソウル市に出店。
2013年 12月 株式会社ネクサス設立。北東北で総合スポーツ専門店として展開していた株式会社タケダスポーツから23店舗の営業を譲り受ける。
2015年 10月 純粋持株会社体制へ移行。ゼビオホールディングス株式会社のもとに中核会社6社を配置。