CSR

CSR 活動報告

  • [  2015.6.26  ] スポーツ振興活動
  • 2015年6月19日「夢先生」として旭市中央小学校を菊池沙都選手(女子アイスホッケー)が訪問
  • 15年6月夢先生1
  • 2015年6月19日(金)スポーツナビゲーターであり現役トップアスリートの菊池沙都選手が千葉県の旭市立中央小学校にて訪問し授業を行ってまいりました。本活動は、財団法人日本サッカー協会が行う「JFAこころのプロジェクト」の取組の一環で、学校教育の現場と力を合わせて子ども達の心の教育に貢献していくプロジェクトです。当日は5年生の31名と楽しく濃い時間を過ごすことが出来ました。

     

    ゼビオグループでは、このような活動を通じて、子ども達の心身の育成支援をサポートしてまいります。

     

    ●菊池  沙都(アイスホッケー)

    所属チーム:SEIBUプリンセスラビッツ/スーパースポーツゼビオららぽーと豊洲店勤務

    ・東京都出身

    ・2005年全日本女子アイスホッケー選手権大会で最優秀新人賞を獲得

    ・現在まで全日本選手権では3連覇を含む4度の優勝、2012年には第一回日本リーグ優勝

    当日は、運動プログラムと教室でのプログラムに分かれました。

    明るく元気な菊池選手と一緒に沢山身体を動かしました!

    授業では、黒板に人生グラフを書きながら、トップ選手になるまで努力した事、学んだこと等エピソードともにお話しました。

     

    写真提供:スポーツこころのプロジェクト