CSR

CSR 活動報告

  • [  2011.5.29  ] 社会との取り組み
  • 福島県郡山市の避難所を訪問
  • 5月29日、富岡町、浪江町、南相馬市の人々が避難している福島県郡山市の福島県農業総合センターを、スーパースポーツゼビオ郡山西ノ内店のスタッフら約10人が訪問しました。

    屋外で遊ぶことが制限されているこどもたちを対象にした室内運動プログラムと、じめじめした梅雨や真夏の暑さに負けないように、「熱中症対策とその場でできる簡単ストレッチ」をテーマにした講演会を開催しました。

    こどもたちとの室内運動プログラムでは、体のバランスを意識するような運動をペアになりを行った後、大きなボールを使って遊んだり、肩車をしてミニ騎馬戦をしながら、楽しいひと時をみんなで一緒に過ごしました。

    講演会には約20人に参加していただき、熱中症の対策として、夏場には1時間に1回、涼しい場所で休憩することや水分補給の大切さを説明しました。「のどが渇いた」と感じた時点で、既に熱中症の症状が始まっていることや1日に約2リットルの水分が必要で、「2時間ごとに水分を補給すべき」とアドバイスしました。市販されているスポーツ飲料は、体の疲れによって味が変わることも紹介しました。肩こりや足のむくみなどを取るマッサージやいすに座って簡単にできるストレッチなども丁寧に指導しました。


    元気いっぱいのこどもたちに、たじたじのスタッフ


    こどもたちとも仲良くなり最後は記念撮影で!


    簡単なストレッチにみんなで取り組みました


    Tシャツやうちわなど暑さ対策商品をプレゼント